ウォーターサーバー 水分補給

ウォーターサーバーで水分補給を

喉が渇いたと感じたならば、それは脱水症状が始まっている証拠です。

 

喉の渇きを感じてから水分補給をするのではなく、渇きを感じる前に、できれば1時間おきに100ミリとか、決まった量を決まった時間間隔で水分摂取するのが理想です。

 

特にスポーツを始める前後、スポーツの最中にもこまめに水分を摂る必要がありますし、入浴の前後、また飲酒の後にもしっかりと水分補給を心掛けましょう。

 

運動中は大量に汗をかきますので、体内の水分がかなり失われます。

 

人間は体重の2%程度水分が失われると脱水症状が始まり、そのまま水分補給をしないでいると、熱中症や熱けいれんなどを起こす可能性があります。

 

また激しいスポーツの際には発汗により急激に水分が失われて血液の凝固が亢進して脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐れもあります。

 

また、中高年の方に多いのが、就寝中にトイレに何度も行くのがイヤだということで寝る前に水分補給を意識的に方です。

 

人間は睡眠中に200ml〜400ml程度汗をかくと言われており、寝る前の水分補給は大切です。

 

朝方に脳梗塞や心筋梗塞等のの血管障害に起因する病気が発生する割合が比較的多いのはこの就寝中に水分が体外に放出されて、血液がドロドロになるからです。

 

寝る前にコップ1杯の水を飲むことで、こうした病気の予防につながります。

 

また起床時にもコップ1杯の水を飲み寝ている間に失われた水分補給をしましょう。

 

水分補給は基本的には良質な水がいちばんです。

 

糖分、塩分の含まないお茶やコーヒーも結構ですが、就寝前にはカフェインを含むお茶やコーヒーは睡眠の質にも影響します。

 

カフェインは利尿作用もあるため、せっかく水分を補給しても体内の水分を余分に排出してしまうということもあります。

 

また、アルコールにも利尿作用がありますので、飲酒の後には必ずコップ1杯の水分補給を心掛けましょう。

 

ゴルフの後にビールを飲むのが楽しみという方は多いと思いますが、ビールは水分補給になるどころか、アルコールの利尿作用で逆に水分を放出してしまいます。

 

スポーツの後には適量の塩分を含んだ水やスポーツドリンクも結構ですが、基本的な水分補給は水にしましょう。

 

入浴も水分をかなり失います。

 

40度のお風呂に10分間、つかっていると500ml程度汗をかき水分を失います。

 

入浴の前後にも充分な水分補給をしましょう。

 

こうしてみると、人間は一日だけでもさまざまな生活シーンのなかで水分補給は必要になってくることがご理解いただけると思います。

 

こまめに適切な水分補給をするということを考えるならば、良質な天然水をスイッチ一つで用意できるウォーターサーバーはとても便利なサービスと言えますね。

 

ウォーターサーバーってどれがいい?」と思ったならばまずは当サイトの情報を参考にしてみてください。